根管治療|長津田みなみ台の歯医者

デンタルクリニック長津田

  • 0455328469
    (検診/クリーニングはTELで)
  • 【電話受付】9:00~12:30 / 14:30~18:30
    【休 診 日】木曜、日曜午後、祝日

【健診の受付について】

市の健診(一歳半検診、三歳健診、妊婦健診)は現在当院では受けつけておりません。

今すぐネット予約
(検診/クリーニングはTELで)

根管治療

根管治療について

根管治療は、歯の内部にある神経組織が細菌に感染した際に行われる治療法です。通常ならば、抜歯が必要になる状況でも、精密に細菌を取り除くことで、歯を守ることができます。特に当院では、歯科用電子顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、患部を高倍率で観察することで、より正確で確実な治療結果を目指しています。歯の神経に達した深い虫歯だけではなく、事故による歯の損傷、以前の治療部位からの感染再発などの症例に関しても根管治療は対応可能です。

当院の根管治療のこだわり

  • 01歯科用CTによる正確な診断

    当院では、根管拡大装置と柔軟性の高いNiTiファイルを組み合わせて根管治療を行っています。結果的に、根管内の感染組織を迅速かつ効率的に除去し、根管形成を行うことが可能です。従来の手法に比べると、治療時間が短縮されて、患者様の負担を大幅に軽減できるのがメリットです。

  • 02マイクロスコープを用いた精度の高い治療

    肉眼の数十倍まで拡大できる歯科用顕微鏡マイクロスコープを使用して治療いたします。肉眼では見えないものが、見えるようになったことで、根管の細かい所も正確で確実な治療が行えます。

  • 03根管拡大装置で迅速な治療が可能

    当院では、最新の技術を駆使した根管治療を提供しています。特に、歯科用CTを利用した三次元的な検査により、歯や顎の骨の状態を詳細に把握し、精密な診断を行うことが可能です。

根管治療の流れ

  1. Flow01根管内の感染した組織を除去

    最初に、患者様の不快感を和らげるために局所麻酔を施します。次に歯に小さな穴をあけて、感染した歯髄が見える状態にします。その際、虫歯になっている歯質も取り除くのが基本的な流れです。その後、NiTiファイルを使用して、細菌に感染した歯髄を丁寧に除去し、歯を清潔にします。

  2. Flow02消毒液を詰めて殺菌・仮封

    感染組織の除去後、根管を特殊な薬剤で洗浄し、細菌を除去します。その後、一時的に封鎖して薬剤が効果を発揮するため、約1週間経過観察を行うのが一般的です。感染が完全に除去されるまで、必要に応じて以上のプロセスを繰り返します。

  3. Flow03根管充填

    最終的に、感染が完全に収まったことを確認した後、シーリング材料で根管を恒久的に充填します。充填材は、根管内を密封し、細菌の侵入を防ぐ役割を果たします。

  4. Flow04土台と被せ物

    根管治療後、歯の機能と審美性を回復させるために、丈夫な土台を設置します。その上に、主にクラウン(被せ物)を装着します。クラウンは、歯を全体的に覆い、保護することで、細菌の再侵入を防ぎ、噛み合わせの機能を復元します。

早期発見・早期治療が大切

歯髄への細菌感染は自然に治癒することがありません。そのため虫歯が神経に達したり、根っこにまで感染が生じたりする場合は、迅速な対応が必要です。治療を早期に行えば、治療期間の短縮と費用の節約が期待できるため、日々の口腔ケアと定期的な歯科検診を徹底するようにしましょう。

予防歯科

ページトップへ戻る